DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京五輪アジア地区最終予選 日本vs韓国
いやぁ~なんと表現したらいいんだろうね?

負けたら終わりと言う状況が感じさせるのか、こんなに疲れる試合も
珍しいのではないかと思う。

やっぱり何かがかかった試合と言うのは特別なのですねー。
それにしても、この大一番で先発がダルビッシュじゃないのは何故だ?
まぁ、それは良いとして、こうも接戦になるとまったく安心して
見ていられないのよね~。

ただ、結局は8回の攻防が全てだったなぁ。
稲葉は日本シリーズ調子が悪くて心配だったけど、ホントにホントに
アソコで点が取れてよかった。
4-2になった時はこれで決まったと思ったんだけどね~

それにしても、星野監督は強気だよなぁ。
あの場面で岩瀬を交代せず、まかせるのかー、と。

いやはや、恐れ入りました。


しかし、どーも野球ってのはルールが統一されていなくて嫌ですな。
日本の中でも球審なんてのはある程度ストライクの範囲が違ったり
スイングの取り方なんてのが違うんですが、国際試合になると
それ以上にすんごいですね。

まぁ、国際試合で違うなら違うで良いと思うのですが、
違うなりにある程度統一出来ないモノだろうか?と思いましたね。

それにしても勝ててよかった。






スポンサーサイト

テーマ:星野JAPAN - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/975-f11248cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。