DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
J2リーグ 第21節 連勝ストップ
夏場の中2日でアウェー2連戦これはキツイ。

それにしても、ついにこの日が来てしまったか・・・と言う思いです。
もちろん、いつかは負ける日が来るとは思っていましたが、
意外な相手に意外な負け方をした。

1-2で愛媛に負けました。


試合を自分でみていないので、なんとも言えないのですがずいぶんと
荒れた試合だったようです。

両チーム合わせて9枚のイエローカードが飛び交い、
レッドカードは2枚と大荒れです。

計11枚のカードが出て2人の退場者が出たわけですが

そのうち8枚のイエローカードが札幌。
で、2枚のイエローカードも札幌。
つまり11人対9人で試合してました・・・・。

もう、あきらかに不自然なジャッジだったようです。
ちなみにこの試合を担当した審判は、まだ経験も浅いのである程度
しかたのない事かもしれませんが、過去の試合データをみると
とんでもないことがわかりました。

実はこの審判、まだ7試合しか主審経験がなく、なぜか今期は
「愛媛FC」の試合をすでに2試合も主審とし
笛を吹いているのですが、その結果がすごいです。

第04節 愛媛0-0水戸
    愛媛イエロー0枚
    水戸イエロー5枚
第10節 愛媛3-0京都
    愛媛イエロー1枚
    京都イエロー8枚(内レッド2枚)
第21節 愛媛2-1札幌
    愛媛イエロー1枚
    札幌イエロー8枚(内レッド2枚)

とにかく、相手チームを徹底的に潰していますね。
これはどう考えてもホームアドバンテージの域は超えていると。
どう考えても異常です。
だいたい、同じ審判が特定のチームのホームゲームをこうも短い期間に
連続して主審を勤めるって事がどう考えてもおかしいでしょ。

しかし、こんな未熟な審判が普通にプロの試合をジャッジしていること
に驚きであります、どんな基準で採用テストしてるんだろうか?って。

ま、今期の札幌は比較的ジャッジには恵まれていたので帳尻合わせって
ことなんでしょうか?それにしてもそもそも札幌は昔からジャッジに
は恵まれないチームでした、今までもあり得ないような超ジャッジで
数々の苦渋を舐めてきたので個人的にはしっくりこないですけどね。
大口のスポンサーを持たないチーム宿命でしょうか?

これで、次節はレッドで退場の2人+累積警告で1人出場停止。

さすがに札幌経営陣はJりーぐに対して映像付けて意義を申し立てる
そうです・・・ま、ミスが認められても結果は変わらないし、出場停止
がなくなるわけでもないですけどね・・・。
てか、過ちを認めるならイエローカードやレッドカードは取り消すべき
だと思うんだけどどうなのよ?

次はまた中2日でホーム戦。
主力を3人も欠くけど連敗だけはしないように気持ちを切り替えて
試合にのぞんで欲しいですね。

幸い、上位陣は仙台以外が引き分けor負けたために勝ち点の差は
それほど開いてはいないです、がんばれ、サブ組。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/883-949a6050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。