DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決勝戦とW杯全体の感想。
一ヶ月間という長いような短い4年に一度のサッカーのお祭りが
終了しました・・・やっぱりあっと言う間だったかな。

世界最高峰のサッカーを思う存分観る事が出来て本当に満足です。


3位決定戦 ポルトガルvsドイツ

3位決定戦は決勝戦と違って点の取り合いになるケースが多いので
面白い試合になる事が多いのです、予想通り3-1と4点も入る
良いゲームになりました。
ドイツはメンバーをかなり弄ったので最初はかみ合いませんでしたが
GKカーンの好セーブ、シュバインシュタイガーがミドルシュート
2本を決めるなどゲームを圧倒、ポルトガルも途中出場のフィーゴが
絶妙アシストを決めて存在感をアピールしました。

カーンやフィーゴ等、今大会で代表を引退するであろう選手も
何人かいますが、良いゲームでした。


決勝 イタリアvsフランス

正直イタリアがここまで上がってくるとは思いませんでした。
セリアAの八百長疑惑などイロイロと悪い話題ばかりでしたしねぇ。

この試合もフランスの勝ちだろう!と思っていたのですが、
まぁ、運の要素が強いPK戦でイタリアの「優勝」となりました。
内容はドイツvsイタリアを見た時を同じ印象で、まったく攻撃が
機能していない状態、ドイツ戦もセットプレーからの得点だし
決勝も結局セットプレーからでした。

一方のフランスもブラジル戦からセットプレーで勝ち上がってきた
のですが、ゲームを支配している!と言う感じで良いゲームを
していましたね。

前半こそイタリアがサイドを上手く使ってCKを取っていましたが
PA内には入らせてもらえず、中盤を支配されると徐々にロングボール
のみ戦術になってしまい、打つ手なし。
一方のフランスはジダンにボールがよく集まり、上手くボールを
まわせていました、得点はPKのみでしたが、決定的な場面は
フランスの方はずっと多かった・・・そういう意味ではGkブッフォン
がイタリアのMVPですね。

それにしてもビエラ負傷退場はフランスにとって大きかったでしょう。
しまいには強烈なヘディングでジダン退場ですからね~。
今大会で一番印象に残ったシーンが、W杯(ジュールリメ杯)の横を
通ってピッチを去るジダンの背中でした・・・・・。

まぁ、結局そんなジダンがW杯の最優秀選手に選ばれるんだから
凄いよね、世間ではイロイロと叩かれているようですが、
私は退場したからと言って、彼のプレーの輝きにはなんの影響もない
と思っています。
むしろ、ビデオ判定までしての退場に疑問符です。
なぜその部分だけ?と思ってしまいますね、まったく公平じゃない。
暴言を吐くことも十分退場に値すると思いますしね。
まぁ、この件に関して後々詳しい調査があるでしょう。


W杯全体の印象としてはバランスの良いチームが上位に上がって
きているなぁーと感じました、それも守備力があるチームが
強かったですね。イタリアはそれほど魅力あるサッカーをしていた
とは思いませんが、守備に関してはほぼパーフェクトだったように
思います。

次のW杯ではブラジルも王座奪還に向けて燃えてくるだろうし
ますます面白くなりそうです。
日本もオーストラリアがアジア枠に入ってくる事から、厳しい予選に
なるとは思いますが、まずはW杯に出られるように頑張ってよ!

いまから4年後が楽しみです♪

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/518-75edde09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。