DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月16日(木)
夜遅くの電車に乗ると、たまーにだけど、隣の席の人が
居眠りして寄りかかられる時がある。
この状態がいいのかわるいのか隣の人間で決まるんですけどね。
(逆に寄りかかったことはいままでには無いと記憶している)。

 
今日、帰りの地下鉄で私は一番端の席に座った。
隣が壁だともたれ掛かってもとりあえず誰にも迷惑がかからないので
居眠りするのにはうってつけの場所だから一番好きな席でもある。

 

そんな感じで右隣は壁、左隣は少し若めのオネーサンが2人で
お喋りをしていましたね。
さっそく、壁によりかかり居眠りとしゃれ込む。
しばらくすると、左腕の当たりに圧迫感を感じ、もう少し経つと、
肩に重量 感が・・・。

すぐに隣のコが居眠りして寄りかかってきたんだなーとわかりましたが
まぁしばらく放っておいたんですが、ちょっと重くなってきたので薄目をあけて隣を見てみたら、いつの間にか坊主頭のおやじになっていました・・・・かわいい女の子のはずが。

 
ムカッときたので、肩を動かして起こしましたけど、
直ぐに眠りに入ってまた人の肩に寄りかかって来るんですよ・・・
3度も起こしてやりましたよ。

 
で、私は駅が近くなると、先に席を立ったんですが、その人、もたれる人が居なくなって凄い角度で空中に停止してましたよ
(体が60度ぐらい傾いていた)。

あのタコ坊主、明日の朝お腹とかの筋肉痛になってるんじゃないのかなぁ~?

その前に、既に降りる駅を乗り過ごしていたんじゃないかなぁー。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/432-fd8b5f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。