DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パ・リーグCSファイナルステージ第1戦
クライマックスシリーズのファイナル始まりました。

昨日の激闘からすぐにもう第1戦目ですからね。
中継ぎもかなり使ってるししんどい試合になりそうです。
ファイナルは優勝チームにアドバンテージの1勝があって
先に4勝した方が日本シリーズ出場です。

初戦は先発は浦野vs大隣ですね。

↓ ↓ ↓ ↓
勝ったと思ったのにぃぃぃぃ
まさかの9回裏にサヨナラ負けですよ・・・。

(´・ω・`)はぁ・・・これで0勝2敗ですね。
この初戦をとれるかどうかで全てが決まると思っていたんだけど
考えうる限り最悪の展開になってしまいました。

うーん・・・・
戦犯はあんまり居ないのよねぇ。
先発浦野は3回にちょっと失投で失点しましたが
7回にまたしても中田のHRで同点。
その後、大谷のナイス(?)走塁もあって逆転。

ここで投手継投に行くのかな?と思ったら
浦野を続投で7回・8回と抑えます。
さすがにここでストッパーの増井だと?と思ったら
まさかの9回裏も裏の続投・・・・。

(´ε`;)ウーン…
たしかに良い投球してたから代えづらいのは理解できたんだけど
先頭四球、ヒットで1・3塁から増井に交代。
1OUT後にセンターオーバーのタイムリーでサヨナラ。

その前のセカンドゴロで1塁ランナーを殺しに行かなかったかなぁ。
サヨナラのランナーだから1塁送球じゃなくて、
2塁送球でしょう・・・・そしたら1・3塁でゲッツーもアリだったのに。

ポイントは継投の遅れ、中島の2ゴロの送球先。
ただなぁ・・・継投に関してはミスともいいづらいのよね。
結果的には失敗だったけど、あの時点では・・・・。
ま、ラジオ解説の人は投球の質を見て交代すべきだと
言っていましたけどね。

どうも、CSに入ってから栗山監督の采配は「勝つ」為の采配
ではなくて、経験をつませると言った別の意味を持つ采配に
感じてしまうのよね・・・・。
(陽を3番で固定したり、浦野を9回のマウンドにあげたりね)

将来を考えるとそれもあながち間違いではないけど、
でもファンとしては意地でも勝ちに行く采配をしてほしいんだよな。

ともあれ、これで日本シリーズ行きはかなり確率的に
厳しくなりました、なにが一番しんどいのかって、相手に
勢いをつけさせちゃいましたよね。
ただの1敗じゃなくて、盛り上がる勝ち方をさせてしまった。

さすがに、もう本気で勝つ采配をお願いしたい。
また明日も陽を3番で使うようだと流石に無理だろ思うの。
ちゃんと調子の良い選手を使ってほしい。
稲葉スタメンで使ってもいいのよ?

今日の負けて正直かなりテンション下がっちゃったけど
明日頑張ってほしいなぁ。
2007年のクライマックス・シリーズ導入以降、パ・リーグでは
最終ステージの初戦をとったチームが、7年連続で日本シリーズ
進出を決めているってデータがあるから・・・諦めモードだけどね。




スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/1852-4bdc1ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。