DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パ・リーグCS第1戦
オリックスvs日ハム

やー、やっぱり独特の緊張感がありますね。
なんだかんだ言っても2勝先取の短期決戦ですからね。

オリックス先発は最多勝・防御率で2冠の金子千尋。
たぶん、パ・リーグ、セ・リーグ合わせても一番完成された
先発投手だと思いますね。
抜群の安定感がありますから。

一方の日ハムは2年目の二刀流大谷を持ってきました。
これは今期オリックス戦をで2勝負けなしの相性の良さと
最後のカードで登板したときに完封しているのでその辺を
考慮したのと、打者で使う予定があるのでもしCSを
勝ち上がっても投手はこの1戦しか使わない予定ですね。

2戦先取なので、第1戦をとった方が圧倒的に有利だし
過去の成績を見ても先勝したほうが9割以上の確率で
勝ち上がっています。

ただ、日ハムとしては先発金子千尋はむしろ良かったかなと。
と言うのも今シーズン日ハムは金子登板の試合で
負けてないんですよね、相性は悪くない、むしろ
金子は日ハム戦だけ勝ち星がないので不安は向こうのほうが
大きかったんじゃないかなぁ。
むしろ、ディクソンの方が打ててなくて相性最悪だったんで
1戦目重視なら好都合だったでしょ。

試合は投手戦になるかな?と思わせておいて
それほどシビアな展開にはなりませんでした。
大谷が悪いときのコントロールが定まらないパターンに
陥って2回に4四死球の押し出しで2失点。
シーズン中でもここまで乱れたことは無かったのでやっぱり
特別な舞台で力が入ってる感じでした。

日ハムは5回・6回と金子を攻めて3得点で逆転。
その裏、1点を返されるも、大野のナイスブロックで逆転を
阻止すると7回から継投に入ったリリーフ陣を打ち込んで
7回に1点、8回に2点をあげて結局は3-6で日ハム勝利!

オリックスはリーグでもNO1のリリーフ陣がいて
いまいちピリッとしない金子を早めに降板させましたが
自慢のリリーフ陣もピリッとせず失点。

日ハムは陽がまったく良いところがありませんでしたが
4番の中田、小谷野が好調、これで1・2番コンビが
上手く機能すれば面白くなりそうです。

大谷はほとんど自滅のよう感じで失点しましたが
ヒットは4本ぐらいしか打たれてないかな?
金子に投げ勝ったのは良い経験になったと思います。

さぁ、流れは完全に日ハムに来ていますので
明日は苦手のディクソンが先発でしょうけどなんとか
攻略してもらいたい。

稲葉・金子が引退でもう1度札幌ドームで試合をするには
CSを勝ち上がって日本シリーズしかありませんし、
最後優勝して終わりたいという思いも全員にあるでしょうか
いろんな意味で追い風は吹いている気がします。

幸い、ソフトバンク、オリックスと終盤に来て大失速してますから
それに比べると日ハムは上り調子ですし、期待大です!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/1844-11223ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。