DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決勝戦! FIFA2014ブラジルW杯  ドイツvsアルゼンチン
ついにー、サッカー2014ブラジルW杯もラストゲーム。

決勝戦であります!

やー、もう一か月経ちましたか。
長かったようでもあるけど、早かったですね。
試合放送時間の関係で寝不足の日々が続きましたが
なんとか・・・ギリギリ乗り切りました。

ま、むしろあの時間の放送だからリアルタイムで
試合を見ることができたとも言えますが。

ラストゲームはドイツvsアルゼンチンです。

安定した戦いをしてきたドイツ。
イマイチな試合をしつつもなんとか進んできたアルゼンチン。

決勝の感想。
↓ ↓ ↓ ↓




試合開始がAM4:00~で危なかった。
ちゃんと寝る前に開始時間確認してよかった^^;

ドイツvsアルゼンチン

やー、この試合はオランダvsアルゼンチンと同じパターンに
なるんじゃないかなぁーって思ってたんですよね。
正直PK戦あるかなって思ってました。

ドイツのスタメンからケディラが外れました。
直前で怪我?っぽくて代わりにクラマー入りました・・・誰?w
2試合途中出場してるけど、ほとんど記憶に残らないような
プレーヤーなんだけどw


試合は予想通り硬い立ち上がりになり、これは準決勝と同じ展開
だと思ってみてましたが、アルゼンチンが予想よりも調子が
良さそうでした、特にイグアインの動きが良かったです。
ドイツもパス回しがいい感じでした。
やっぱりオランダよりは回るし、いいところ付いてくる。

ただ、オランダ戦同様アルゼンチンの方が後ろ2列のDFラインが
本当に動きが良くてこれは崩すのに苦労するよね。
一方のアルゼンチンは基本堅守速攻の戦術でロングボールを
多様していましたが、イグアイン、ペレス、ラベッシの
ボールキープとドリブルも冴えていました。

メッシもボールを持てばそれなりの存在感でしたが
やはりマークが厳しくなかなか仕事できていませんでした。
どっちにもちょこちょこチャンスはありましたがシュート数も
少なく硬い硬い展開。
ボールキープはドイツでしたが、決定機はアルゼンチンかな。
ドイツのミスもあってGKと1対1あったけどねぇ・・・
あれは決めないとアカンよね。
あと、オフサイドは取られたけど、カウンターもいいのあったね。

ドイツは良い展開は作ってたけど、シュートに行けてませんでした。
最大の誤算はケディラの代役で入ったクラマーが前半31分に
途中交代・・・たぶん怪我?かねぇ・・・。
少し前のプレーでアルゼンチンPA内に切り込んだ際に
顔にチャージ受けて脳震盪を起こしてたと思われます。
(スローみたけど失神KOしてもおかしくないだろアレ)
後半の切り札シュールレを前半で投入を余儀なくされる。

前半最大の決定機はドイツCKのヘディングですかね。
ポスト直撃しました、完全にフリーで抜けたんですけど
あと、数センチってところで跳ね返ってしまいました。
重い重い展開の前半終了。


後半はアルゼンチンが頭からラベッシに代えてアグエロ投入。
いきなりメッシが突破からシュートするも・・・枠を捉えず。
序盤かなり積極的に攻めに転じて流れが変わるかと思いましたが
猛攻を凌いだドイツが再びポゼッションを高めて落ち着いた展開。
メッシが守備をしないためにドイツが後半は右サイドで数的優位を
作って上手く攻めてましたね・・・ただなかなかシュートに行けず。
うーん、ここでゲームが膠着してしまいましたね。
後半、アルゼンチンが立て続けに選手を入れて最後の勝負に。

終盤はどっちもかなり疲れていて動きが鈍くなり
攻守の切り替えが早くなってました。特にドイツのDFが
ヘロヘロになっていたように思いましたが、それでも
後半終了間際にクローゼに代わってゲッツェを入れるのみ。
結局そのままスコアレスで延長に。

延長も引き続き後半と同じような状態。
ドイツは明らかにDFラインがスタミナ切れを起こして
アルゼンチンのカウンターを辛うじて防いでいる状態。
(なんで選手交代しなかったのかねぇ・・・)
一方のアルゼンチンも疲れてはいるものの元々DFラインを
低く保っている事で最終ラインはかなり固い。

延長前半はドイツがPA内に侵入してシュールレが
フリーでシュート打ちましたがGKロメロがナイスセーブ。
逆にアルゼンチンはカウンターからパラシオがGKと1対1に
なり、前に出たノイアーをループシュートでかわそうと
しましたがゴールから外れる・・・・アチャー。
あれだと枠とらえててもクリアされてたかなぁ・・・。

延長後半に入っても情勢は変化せず。
もうお互いPK戦は頭に入ってたでしょうね。
ドイツは相変わらず交代枠を1つ残したまま・・・うーん・・なぜ?

そんな延長後半8分。
右サイドを一人でシュールレが突破にかかり、DF3人ひきつけて
クロスを上げると、スペースに走り込んだゲッツェが胸トラップから
のダイレクトボレーをサイドネットに叩き込んで先制ゴール。

うわぁぁぁぁぁ・・・

美しい・・・

ここで決めるのかぁ・・・しかも途中出場したわりには
ほとんどの時間消えたままだったゲッツェですか。
交代失敗でしょ!って思ってました・・・ずびばぜん・・・・。

ここでドイツ引くかと思ったら引きません^^;
後半14分にはミュラー突破からのクロスを最後エジルが
触れずゴール前を横切りましたが・・・・。

ロスタイム突入ってところで時間を使いに交代枠消費。
ドイツはここで残りの1枠でエジルをメルテザッカーにして
パワープレー対策。
最後の最後にゴール前でフリーキックを獲得したメッシ。
ファールで止めたシュバインシュタイガーが倒れて時間稼ぎ。
FKの代わりにロスタイムを丸ごと潰しにかかる鬼畜っぷり。

ホントにこのFKがアルゼンチン最後の希望。
ちょっと距離があるけど直接狙える位置。
ただGKはノイアー。

緊張の一瞬でしたがメッシのシュートは枠を捉えることなく
大きく外れてしまいました・・・・メッシィィィィィィ・・・。

そのままタイムアップとなってドイツの24年ぶりの優勝。
正直PKまで行くと思ってたのでこの決着は嬉しいですね。
どっちが勝ってもおかしくない拮抗した勝負でした。

結局、終始自分達からゲームを動かし、支配し、チャンスを作り
そして勝ち切りました、面白いゲームでした。
チームにバイエルンの選手が多く、連携面が圧倒的に良い
ドイルでしたが、監督を固定して長期でチームを育成してきた
成果とも言えますよね。
すべてのプレーの精度が高く、スペインとは別のパスサッカーと
前線からのプレス+ショートカウンターという1つの新しい
スタイルを確立できていました。
この試合に限ってはプレスがほとんど機能しませんで
思ったような守備から攻撃への切り替えができていませんでしたが
総合力ではやはり上回っていましたね。
ケディラ、クラマーと中盤の選手を怪我で欠くことになって
ゲームプランもかなり狂ったはずですが、フォーメーション変更も
含めて上手く対応したと思います。

アルゼンチンはやはり攻撃がイマイチでした。
ディ・マリアが居たらまた違った結果だったでしょうか?
メッシ頼みは相変わらずで、ドリブルでの仕掛けは各選手
良かったと思いますがやはり連携はイマイチでした。
守備はグループリーグを見た感じだと危なっかしい部分があり
これではとても優勝は無理だなと思っていましたが・・・・・
まさかココまで来るとは・・・今日も頑張っていたと思います。
ただ、ファールをあまりとられてはいませんが、スローでみると
かなり汚いプレーが多いです。マスケラーノもオランダ戦に
引き続き良いプレーで3人ぐらい居るのか?と思われるぐらいの
神出鬼没なプレーでピンチの芽を摘んでいましたが
ファールをとられなかったプレーも多く、ちゃんとした審判だと
普通に退場になってた可能性が高いです。
それだけドイツが良かったとも言えますが・・・・。

両チームに言える事ではありますが、W杯決勝ってことで
最高のパフォーマンスを見たい!と思う人も多いと思いますが
この試合に限ってはちょっと決定機外し過ぎかな。
内容だけ見るとちょっと残念と思ってしまうかもしれませんね。

それにしても南米大会で欧州チームが優勝したのは初かな?
気温や湿度、温度差や移動距離の関係で中南米のチームが
やはり有利との事前情報でしたが、それも跳ね返して
ドイツの優勝、力を感じますね。

----------------------------------------------------
結果
優勝:ドイツ
準優勝:アルゼンチン
3位:オランダ
4位:ブラジル

W杯の大会最優秀選手(MVP)
ゴールデンボール賞:メッシ(アルゼンチン)
シルバーボール賞:ミュラー(ドイツ)
ブロンズボール賞:ロッベン(オランダ)

得点王
ゴールデンブーツ賞:ハメス・ロドリゲス(コロンビア)
シルバーブーツ賞:ミュラー(ドイツ)
ブロンズブーツ賞:ネイマール(ブラジル)

最優秀若手選手
ベストヤングプレイヤー賞:ポグバ(フランス)

最優秀GK
ゴールデングローブ賞:ノイアー(ドイツ)

フェアプレー賞
コロンビア代表
----------------------------------------------------

MVPがメッシはないだろ・・・・
これはなんか色々と黒いね。

フェアプレー賞がネイマールを壊した
コロンビアってのも皮肉が効いてるなぁ(苦笑)

総括はまた後日、適当にまとめようかな。
また4年後が楽しみですが・・・はぁ・・・4年は長いなぁ。
では、こんな感じで。

スポンサーサイト

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
今日もこの時間に目が覚めて、やることが無いオイラです
(´・ω・`)ショボーン

正直、今度は速い時間に1点取られたか~ドイツ
と思ったら、オフサイド
ビデオ再生見たら、思いっきりオフサイドw

メッシも決めて欲しい場面あったですな
守備陣はともかく、結局はメッシ頼み過ぎたのか、メッシに頼らないといけない雰囲気だったのか
難しいところですな

にしても、ドイツの組織力は素晴らしい
スラダンで良くあった、バスケのスクリーンプレー的な物も見受けられたのは気のせいか(特に準決勝)

MVPは( ゚Д゚)ポカーン です
2014/07/15(火) 04:52:15 | URL | ナンチャッテ #-[ 編集]
●ナンチャッテさん
自分は逆にガッツリ寝ました。

アルゼンチンはメッシの他にもう1人キープレーヤー
が欲しかったですね。
決勝、ドイツはメッシにマンマークは
付けていませんでしたし、DFは決して
足の速いタイプの選手ではない事を考えると
メッシの出来はイマイチだったし、メッシが
動いた後、そのスペースを使う選手が
いないと難しいですね。
あれだけ守備せずにダラダラ歩いているわけだから
決めるべき時に決めないと厳しいと思います。
少なくとも2度決められるチャンスはありました。

ドイツのスクリーンはセットプレーでは
狙ってやっているのでは?
サッカーはバスケと違って人数が多い上に、
パスが足でフィールドが広いのでバスケほど正確性がない事を
考えると必ずしも有効とは言えませが・・・
CKなら人が密集して使える場面もあるかと
思うけど、いかんせん狙って所にボールが
くるかどうかが問題ですな。

MVPはいくらなんでもヒドイでしょ・・・
たしかにドイツは突出した選手がいないから
選ぶの難しいとは思うけど・・・メッシはないわぁ・・・
2014/07/15(火) 10:26:59 | URL | ■蘭丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/1799-b2b523be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。