DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラジルW杯2014 オランダvsチリ
相変わらず眠い眠いで始まるW杯観戦記であります。

グループリーグは第2戦が終わりまして、
ついに第3戦に突入であります。

第3戦からは条件を同じにするために
同グループの対戦試合が同時刻スタートになります。

ということは、自動的に生観戦できる試合は1試合
になると言うことであります。

今回はオランダvsチリとスペインvsオーストラリアが
同時スタートですが、もう勝ち点的には勝負がついており
ある意味消化試合ではありますが、このB組は
トーナメントの組み合わせは初戦でA組と当たります。
(A1位vsB2位、A2位vsB1位)

A組は開催国のブラジルが居まして、残り試合からして
ほぼ間違いなく一位通過となるはずなので、できれば開催国の
ブラジルとの対戦は最後まで避けたいところです。
そーなるとB組の1位、2位争いは結構熱いです!

そんな訳で観戦する試合はオランダvsチリに決定です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



勝ち点で並んでいるオランダとチリですが
得失点差でオランダが1位、チリが2位です。
ということは引き分けでもオランダは1位。
チリが1位になるために勝つ以外にありません。

始まる前からオランダ優勢というのが背景。
地力的にはオランダが上かと思います、ですがなんといっても
今大会の北中南米チームが圧倒的に強い。

北中南米チームで負けたのはエクアドルとウルグアイ
の2敗だけで、そのうちウルグアイの負けも相手が
コスタリカですので、事実上はエクアドルがスイスに
敗れた1試合だけという圧倒的な結果です。
ここまで偏るとさすがに地の利と認めないわけには
いかないのですよねぇ・・・・。

そんなもんで、オランダvsチリのこの試合、
自分的には圧倒的にオランダが強いと思ってはいるけど
もしかしたらもしかしてチリがやってしまうのではないのか?
という疑念の元に観戦スタートしましたよ。
(ファン・ペルシーは累積で出場停止中・・・・)

オランダはスペイン戦同様5バック仕様でしっかりと
最終ラインを高める引き気味の展開。
引き分けでも1位だからそうくるかなと思ってました。
一方チリは前線からプレスかけまくりの攻撃型スタイル。
まぁ、チリにしてみれは失うものも無いですしね。
個人的に注目は左のウイングにカイトを使ってきたこと。
カイトはもともとオランダのトップの選手です。
たしかに運動量は豊富ですが・・・守備の選手では・・・

試合は圧倒的にチリがボールを持って進みました。
オランダはまともな攻撃の形をつくれませんで、
カウンターからの個人技で打開するといった戦術。
ただ前半を終わってみれば0-0のスコアレスドロー。

シュートはオランダの方が多く、ゴールマウスにとんだ
オンターゲットに至ってはチリは0でした。
一貫してDFラインの裏にボール放り込んでチャンスを
作り、ポストプレーからドリブル突破も試みましたが
終わってみれは枠にシュートが飛んでない状態です。

あれ?!ずっとチリが押してたけどオランダが
ゲームを支配してた?みたいな。

後半は前半とガラッと変わりました。
オランダが前から仕掛け始めます・・・
心底汚いと思いました。やっぱ攻め込まれてた
わけじゃなく、攻めさせてただけだったわ。
後半は前からプレスをかけ、人数をかけて中盤を支配して
ボールを前に運ぶ平常運転。

こうやって自由にゲームを変えられるってすごい事。
チームとしての力を感じました。
前半とは立場がガラッと変わってオランダが押し込む展開。
逆にチリがまともにボールを運べなくなってしまう。
後半30分に途中出場のフェルがヘッド決めて先制すると
反撃にでたチリの攻撃を防ぎつつ、終了間際に
ロングカウンターからロッベンが持ち込んでラストパスを
途中出場のデパイが押し込み2試合連続のゴール。

終わってみれば2-0でオランダの完勝。
結局前後半合わせてチリのシュートが枠をとらえたのは
2~3回しかなかったと思われます。

FW~DFに至るまで全員が一体となったオランダ以上に
トータルフットボールだと思いましたが
最終ライン付近での連携がイマイチなのかもしれません。
サンチェスの個人技は素晴らしいし、裏やスペースへの
パスも良いですが、最後のところでの連携がないために
シュートもクロスもほとんど止められる結果となりました。

良い試合だった、良い試合だったけど
うーん、オランダが上手かったなぁ、もともと有利な条件を
しっかり利用して勝ったなと。

左サイドに入ったカイトが後半終了間際に足が攣って
交代しましたが、守備に攻撃に本当に運動量が多かった。
サンチェス封じのための対策としては完璧だったかも。
元々前線から守備をするタイプのFWではありましたが
まさかDF気味のウイングとして起用するとは・・・・

ロッベンも前半からカウンターでかなり長い距離走って
ましたので絶対に後半ヘバると思ってたけど、後半ロスタイムに
ハーフラインから爆走ですもんね・・・・どんな体力やねん。

今大会初めてヨーロッパのチームがコンディションいいなと
おもった試合でした。

予想通り、その後の試合でブラジルは1位通過。
2位通過はメキシコになりましたので、オランダはまたしても
中南米と当たる事になりました。

あ、一応スペインvsオーストラリアもチラチラとチャンネル
まわしてみていましたが・・・まぁ順当にスペインが勝ちました。
早々に敗退したスペインですが実力はありますからね。
ただ、主要メンバーが軒並み代表引退となりそうな勢い
なのでこれからどうなることやら・・・何人残るかなぁ?
ま、なんにせよW杯は初戦の重要度が高すぎて困りもの。

ついに明日は日本戦かぁ。
今日は早く寝て明日に備えます!



スポンサーサイト

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/1779-d9041707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。