DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラジルW杯2014 他国試合~

やっぱり朝4:00~の試合を見るのが一番しんどい。
起きるのもしんどいし、終わった後、やっぱ寝るんだけど
その後起きるときがまたしんどい。

トータルの睡眠時間が変わらなくても
熟睡できてないからなのか、起きた後もずっと眠い感覚。

今回はドイツvsガーナを見たくて
リアルタイム観戦。

↓ ↓ ↓ ↓

ドイツvsガーナ

前回大会でも同グループで対戦している因縁があります。
その時は1-0でドイツが勝ったのですが・・・・

ガーナっというチームはアフリカのチームにしては
珍しいとても組織的なチームです。
アフリカの身体能力と欧州の組織力を両方兼ね備えたって感じ。
W杯出場はまだ3回目だが、過去2大会はいずれも
ベスト16、ベスト8と決勝に進んでいる。

ドイツに弱点があるとすれば、DFのスピード。
伝統的にドイツのCBは長身選で構成されていて
高さには強いが縦のスピード勝負には弱い。
もう1つは守備の時に、基本的には前でボールを取りに行くクセ
みたいなのがあるので、抜かれるとピンチになる事ですかね。


試合内容は序盤からがっぷり四つって感じで
ボールの支配はややドイツが保有してパスをまわし、
ガーナもプレスで取りに行ってましたが、ドイツクラスになると
なかなかボールを取ることができず、前から行き過ぎると
逆に一気に前線まで運ばれてピンチ招き、なかなか面白い
展開になってました。
ガーナの上手いところはボールプレスも行くときと
行かないときのメリハリがしっかり出来ていました。

前半は結局スコアレスドローでこれは予想外だったかな。
案外お堅い試合になったなぁと思ってたけど
後半動きます、ドイツが選手交代で右SB交代で、右に人を
集めておいて、中央にピンポイントパス1本でゲッツェ先制。

これでドイツに傾くかなと思っていたけど
ガーナも選手交代で入ってきたアイウがクロスをヘッドで
決めて同点ゴール・・・試合が動き出した。
10分後にはドイツ自陣でのパスをカットしたムンタリから
ギャンと渡って逆転ゴール。

これでドイツは攻撃的に、ガーナは自陣に引いてカウンター。
スタイル的にはこちらの方がフィットしているのか
カウンター攻撃やばかったです。
しかし、ドイツは交代を2枚代えで勝負に出ます。
ベテランのクローゼ、シュバインシュタイガーを投入。
すると、CKからクローゼが押し込んで同点。

クローゼはW杯得点記録1位タイに並ぶ15得点目です。
出てきて、ファーストタッチでゴールだったんじゃないか?
その後もドイツが圧倒的にチャンスは作りましたが
得点は出来ず。

最後はノーガードの打ち合い状態になりましたが、
両チーム共に足が完全に止まってしまい、タイムアップ。
むー、やっぱり気温30度、湿度70%は厳しいのでしょうね。
なかなか見ごたえのある試合でした。

ガーナはまだまだ強くなれそうです。
シュート数だけみるとガーナはドイツの倍は打ってると思いますが
ほとんどはPA外からでチャンスはドイツの方が圧倒的でした。
廻してからしっかりとフィニッシュまで行くドイツは凄いですね。
ガーナのDFがギリギリのところでよく踏ん張ったと思います。
次戦ムンタリが出場停止ですが大丈夫かな?


アルゼンチンvsイラン

アルゼンチンが圧倒的に攻め込み、倍のシュートを浴びせ
ましたが、引いてカウンターを狙うイランをなかなか崩せず
ロスタイムまで点を奪えませんでしたが、最後はメッシが
ミドルシュートをズバッと決めてからくも勝利。

うーん、お互いのゴールキーパーが良い仕事しましたね。
イランもカウンターから2~3度決定的なシーン作りましたが
決め切れませんでした、あそこで1本決めてれば大金星でした。
アジアのレベルは確実に上がってきてますなぁ。
あと、各上とやる場合は堅守速攻が嵌ると言う事でしょう。

一方のアルゼンチンは初戦もそうでしたが、最後のフィニッシュ
のところがなかなか決まらずモヤモヤする展開ですよね。
なんか勢いを感じません・・・・。
この試合展開だと決勝トーナメントとで勝ち抜くのが厳しいよね。
どこかで覚醒できればいいですが、あの勢いのあるアルゼンチン
どっかで見たいですね。

ナイジャリアvsボスニア・ヘルツェゴビナ

色々と???な部分が多い試合でした。
W杯で勝ち抜くには実力の他に、コンディションと運が
必要になるわけだけど、ボスニアの幻のゴールになった場面
オフサイドをとられましたが、個人的にはオフサイドに見えません。
うーん、オフサイドを見逃すってのはまだ解かるんですが
オフサイドじゃないのをオフサイドにするのはどーも納得が
いかないなぁ、まぁギリギリのプレーだから審判も難しいとは
思うけども、この辺もゴール判定と同じくビデオ判定導入しても
いいんじゃないかなーと思うところです。
(野球のチャレンジシステムみたいな感じね)

一方でナイジェリアの得点シーンは・・・
後ろからDFに手をかけて突破しているように見えます。
あれはいくらなんでもファールじゃ・・・・と思えます。

その後ボスニアの攻撃はことごとく、キーパー正面にいったり
ゴールポストに跳ね返されたりと不運が続きます。
ジェコが良いプレーしてましたね。
「運」がないと勝てない典型的な試合になった気がします。

ボスニアはW杯初出場でしたが良い戦いでした。
2敗でグループ敗退は決まってしまいましたが、実力的には
十分だった気がします。これから絶対に伸びるね。
ただ、お国が色々と不安定だからその辺が問題よね。

-------------------------------------------------

さて、こうやって見ていくと、やは中南米のチームの
成績が圧倒的に良いことに気がつきます。
過去の大会でも中南米開催の時はヨーロッパ勢は
勝てていませんので、その辺のジンクスは生きてくるかも。

やはり地の利ってのは予想よりも大きいのかもしれません。
高温多湿な条件、長い移動距離、南北で違いすぎる気候。
どの試合見てもヨーロッパ勢の足の止まり方が尋常じゃない。

(´・ω・`)この環境で中4日で試合まわすわけだから
控えメンバーも上手く使っていかないと厳しいかもね。


スポンサーサイト

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
もうね、本当に辛いです
( ;´・ω・`)人(´・ω・`; ) マナカー

全試合地上波放送してくれるのはとても嬉しい
以前もそうでしたっけ?
夜型になるのは大歓迎だけど、昼夜逆転はきつい(;つД`)

それにしても、メッシには参ったね
眠い目擦っていた睡魔をぶっ飛ばす衝撃
土壇場で、マークも複数人付いていて、ショートコースもないと言いたいあの場所から、決勝点をもぎ取ってくるのですからね。。。

エースですなぁ
( ・∀・)裏山

そして、自分は気がついていなかったけど、岡崎と香川が未だにシュート0
これではね
(;つД`)
2014/06/22(日) 18:20:16 | URL | ナンチャッテ #-[ 編集]
●ナンチャッテさん
うむ、前回大会も全試合放送してたんじゃないかなぁ。

メッシはなぁ、あそこから決めたのは
流石としかいいようがないけど、やっぱり
代表だとイマイチフィットしきれてないのが
気になるなぁ。
4年連続バロンドールの力、まだまだ
あんなもんじゃないでしょ!!

日本は全体的にシュート少ないからね。
香川と岡崎にシュートが無いのはそれだけ
PAに進入するような攻撃ができてないって事なのよね。
今まで左の長友・香川で作って右の
岡崎・内田で決めるってパターンも
かなり研究されて対策されちゃってるからね。

あとは日本を発ってから一番調子を落としてるのが
岡崎なんだよね、無理に使わなくてもと言いたいところだけど
交代要員の選手が調子がいいかどうかは
正直わからんし、悩ましいねぇ。
2014/06/23(月) 00:52:20 | URL | ■蘭丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/1777-5b17ce9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。