DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエⅡが映画公開されるって事で
前作がテレビで放映されたので見てみました。
(録画ですけど^^;)

原作は漫画で。『コミックビーム』にて2008年2月号から
2013年4月号まで連載されたようです。
マンガ大賞2010
第14回手塚治虫文化賞短編賞
「このマンガがすごい!」2011年版オトコ編2位
全国書店員が選んだおすすめコミック2011、3位入選


(wiki調べ)

内容は現代日本にタイムスリップした古代ローマ人の浴場設計技師が、
日本の風呂文化にカルチャーショックを覚え、そこで得た知識や技術を
古代ローマの浴場設計に生かして行く話。

原作の漫画を読んでいないので、どこまで原作に忠実なのかは
わからないけど、お風呂の湯につかってタイムトラベルする上に
何度も同じ時代の同じ場所に行き来するトンデモご都合主義設定が
恐ろしい。

ここまでぶっ飛んだ設定はなかなか珍しいと思うけど
内容はいい感じにまとまったコメディ基調の物語。
主演の阿部寛があまりにもハマリ役すぎていいかんじ。
(肉体美にホレボレしてしまう)

設定がぶっ飛んでるわけに古代ローマの歴史関係は
わりとしっかりとしてるし、綺麗に話もまとまっていたので
退屈せずに楽しめました。
なんていうか、お風呂入りたくなるね。

スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/1754-2573cb03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。