DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月の通院日でしたー。

さて、さて。

実は今回の診察かイロイロと手順が変わります!
こっちも初めてだったもので色々と手惑いました。

まず、病院に着いたら、自動受付機で受付をするようになりました。
今までも、予約以外の再来院の時は使っていたのですが・・・

今度から予約していてもこの機械を使うようです。
10月からということで、機械の前に係員が張り付きでしたね。

自分もカードで自動受付したのですが
受付レシートを見ると・・・予約時間が出ていません・・・・

あれ、9時で予約取れてるはずなのに、予約時間が**:**って・・・
おかしいと思って係員に聞いてみても少し待ってくださいね♪といって
事務室に行ったきり10分放置プレイ!・・・オイ!

結局、ここままで問題ないです~って言われたんですけどね^^;
そのまま予約されている受付行って、
今度から先に採血と点滴用のルート確保。

ちなみに、血管への管入れを2回も失敗されましたorz
担当の人かなりへこんでましたね・・・ベテランの人に
代わってくださいってお願いして変更になったw

んで、それ終わってから、診察。
新しい液晶掲示板で診察の順番がわかるようになってる。
これ、現在診察中の人とそれ以下3人人ぐらい次の診察がわかる
のでとっても助かるよね。

今回の診察では、今使って薬について少し先生に質問しました。

ズバリ、レミケードをいつまで使えるか?って事。
まぁ、先生の回答はいつまででも使える!ってのが答えだったん
だけど、まぁ、そーいう事ではなくってー
加齢による免疫減少リスク、それによる癌等の発病リスクに
ついて聞いてみましたが・・・

そりゃもちろんリスクはあると。
でも、そのために血液検査を毎回しています!というのが
回答でした。リンパ腫?だったかなそれが使っていると確率的には
リスクが3倍ぐらいにはなるらしいです。

また、薬の使用頻度の間隔をあけたり、投与しない時間を増やす
ことは、今の薬が効く期間を短くしてしまうリスクがあるそうです。

うーん。
体調もよくなってきているので、投与間隔を少し空けたいなぁと
思っていたんですが・・・レミケードが効かなくなってしまう
リスクはそれはそれで厳しいなぁ・・・。

いつまで続けるのか?についてもさすがに20~30年も今後
続けるという事はないだろう!と。
たぶん、それまでには新しい治療法が出来ている!と。


ま、そんなこんなで診察終わって、例の化学療法室に行きまして
そしたら、ルートも確保されているのですぐに点滴開始ですね。
この辺はめちゃくちゃスピーディーになりました。

毛布もらって、リクライニングして速攻で寝ました。
ちょっと部屋の日当たりが悪く、空調のせいもあって寒いっす。

で、会計も10月から自動清算機です。
会計処理が終わるのを電光掲示板を眺めながら待って、表示されたら
各自清算です。
ちなみに、機械でキャッシュカードも利用可能です。

処理が早くなったのか、遅くなったのかはよくわかりませんw
病院なのでぶっちゃけお年寄りも多いので、係員が一応張り付いて
説明はしていましたが、みなさん慣れるまでしばらく
時間がかかりそうだなと思いました。


病院の施設や運営が変わったので、かなりバタついていましやが
次回行ったときには落ち着いているのでしょうか・・・・。





スポンサーサイト

テーマ:クローン病症状 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/1514-98d8e031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。