DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東アジアカップ・中国戦


男女でサッカー東アジアカップが始まりました。
イマイチ盛り上がりにかける大会ですが・・・・
そんな微妙な大会も日本はあまり良い成績を残せていません。

女子は順当に勝ったわけですが、問題は男子。


W杯出場も逃している、低調中国を相手に3-3のドローと
なんとも不甲斐ない結果となってしまいました。

もちろん、A代表なんですが、選ばれたメンバーは
海外組抜き+普段A代表入りしていないJリーグで活躍する
若手メンバーが中心となりました。
さしずめB代表って感じ。

ほんとんど、連携の練習をしていなかったり
練習場で韓国に嫌がらせを受けたりと準備万端とはまったく
言えないチーム状況だったでしょう。


試合は、序盤からいきなり中国にペースを握られ
何もしないうちに、クリアボールを丁寧に相手にパスし
そこから崩されてPK献上で1失点。

その後、なんとか立て直してペースを握り、キープして
パスも回せるようになり、CKから1点返すと
後半は立て続けに足が止まった中国を崩して2得点。

3-1になり楽勝ムード。

しかし、ここからDFラインを引きまくって中国の猛攻
に晒されてまた、PKを献上。
その数分後に、追加点を奪われて同点。

5分以上あったらロスタイムも活かすことが出来ずドロー。

うーん・・・・

本家本元日本代表にも言えることだけど、
ホントに点数をとられる時間帯が悪い。

開始5分、後半36分、42分。

絶対にとられたらダメな時間帯じゃないの・・・・。

特に悪かったのが駒野なんだよねぇ・・・
1失点目のクリアミス(というか敵へのナイスパス)、2失点目のファール(?)
3失点目の簡単にあげさせたクロス。

全失点に絡んでるのよね。
攻撃に出る回数も少なく、クロスを上げれば遙か彼方へ・・・・
うーん・・・どうしちゃったのかしら。

栗原もまったく同じで、1得点したものの、あの感じだと
とてもセンターバックはつとまらないよね。

代表経験のある2人が一番チームの足を引っ張ると言うまさかの展開。


このゲームのメンツで代表に入れそうなのは・・・柿崎ぐらいかしら。
工藤、原口、高萩も悪くはないけどレギュラー奪えるほどの
パフォーマンスではなかったよね。

連携云々以前にもうちょっと決まり事しっかりやらないとね。
特にボールを持ってる選手へのチェック遅すぎて酷いわ。
ハーフタイムの間に言われて、後半からは改善したけど・・・
終了間際はまた前半と同じに戻るし・・・もうね・・・

あと、クロスの精度が全体的に悪すぎてどーにもならんね。

とりあえず、次の試合に期待。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
今更だけど

男子は初の栄冠だったけど、男女ともチーム力は落ちている気がしますね
うまく表現できないけど・・・
2013/08/03(土) 21:49:11 | URL | ナンチャッテ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/1498-fd57acb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。