DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続・関節炎


さて、関節炎が発祥して一週間ほどしてから病院に行って
点滴と痛止め錠剤(一週間分)と痛止めテープが処方されました。

・・
・・
・・

すぐに症状が治まりました。

早いなぁ。

ただですね、全快という感じにはならなかったです。
痛みは良い感じで消えたんですが、違和感は消えませんでした。

痛みが無くなった時点でロキソニンテープは貼るのを止めました。
また痛くなるようなら貼ろうとは思いましたが様子見。


とりあえず、ある一定の曲げに対して若干の痛みがある。
発祥していなかった左手首にも違和感がでている。

両手の状態としては、何か力が出ない・・・そんな状態。
握力が落ちている、そんな感じ。


今まではずっとお腹の調子ばっかり気にしてたけど・・・
うーん、面倒な事になったなぁ。


とりあえず生活に支障がでるような痛みは治まったので
またしばらく様子見してみようと思います。


スポンサーサイト

テーマ:クローン病 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
こわばってる感じですね。よく分かります。
自分の場合は関節稼働領域が少なくなった感があります

1つ前のコメントレス
>TNFαが過剰分泌して炎症起こすメカニズムは
>変わらないんじゃないかな?
同じですね 悲しい程につД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
1つ違うのは、自分はエンブレル(自己注射の在宅医療タイプ)で補助金の違いぐらい?

ま、症状が治まって良かったね
でも薬効ありそうなのは点滴ぐらい?
後は痛み緩和の薬効しかないよね
自分は、経験でアイシングすると痛みが引くのを経験則で見付けているので
四十肩状態になりそうなときは、先発完投した投手のように肩を保冷剤でグルグルですw
2013/05/07(火) 21:49:51 | URL | ナンチャッテ #-[ 編集]
>ナンチャッテさん
自分も調べたらリュウマチとメカニズムが
完全に同じで、しかも使用される薬もほとんど
同じだと言うことがわかりました。

>エンブレル(自己注射の在宅医療タイプ)
ヒュミラーかしら?
私は使っていませんが、クローン病でも使います。

補助金の違いについては各自治体や収入に応じて違うので一概には言えないのですが
自分の場合は月の外来でかかる費用は5千円ノミなんです(入院は別)。
ソレを超える場合は全て補助で免除されるのです。

同じような病気なのに随分と待遇が違うなぁ
と思ったりもします・・・・。

ま、自分はクローン病ではかなり症状が軽い方で
外科手術するような症状も特段無いので
助かってはいるのですが・・・。
2013/05/08(水) 16:16:18 | URL | ■蘭丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/1478-6f9e0c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。