DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁ、喜びを語ろうか。

自国開催以外で初の決勝トーナメント出場となりまして
確実に進化している日本代表であります。
ホントに歴史を塗り替えたと言えますよね。
ほんの数大会前までW杯に出場するのが目標だったチームとは
とてもじゃないけど思えないです。

もう、大興奮であります。

昨日はさっさと帰宅して、ご飯を食べた後に速攻で就寝。
23時にムクッと起きまして、イタリア戦と観戦し、また
ベッドで仮眠、27時20分にまたしてもガバッと起きまして
日本戦を観戦ですよ。

実は仮眠中にまた夢を見たのです(笑)。
開始早々に1点を先制し、また直ぐに追加点を奪うと言う
なんとも縁起の良い夢だったのですが、夢はしょせん夢です。
ハッ!って起きた時は・・・もう本気でorzってなりました。

まぁ、カメルーン戦でも2点取る夢を見たので当てには
まったくならんわけですけどね。

そんな訳で、個人的には結構楽観して観戦に入ったんですけど
試合開始早々のドタバタでコレはヤベーとかなり焦ったですよ。
自分としては前半10分、後半15分に失点しなければいける
と思っていましたので、楽観する気持ちが吹っ飛びましたよ。

日本は試合開始時には4-2-3-1といつもより攻撃的な
フォーメーションで試合に挑み、前線からプレスをかけていった
んですが、デンマークのトマソンを捕まえきれず、ゴール前で
フリーにする場面が何度かあったんですけど、これを見て
岡田監督がすぐに選手とコンタクトをとって布陣変更、
4-3-3とアンカーに阿部を置くこれまでの布陣に変更してか
ぐっと安定した。

本田のFKが決まって、早いけど、ほぼ勝ちを確信していた。
2点目は、正直遠藤が蹴った事に驚いた・・・おそらく敵も。

深夜に、部屋で一人・・・

”おっしゃぁぁぁぁぁぁー”

ガッツポーズとってましたが何か?
でも、きっと同士はかなり居たと思います。

PKとられて、止めたボールがトマソンの前に・・・
そうそう、上手くは行かないかとは思ったけど、デンマークが
予想よりも早くパワープレーに出てくれたおかげで、逆に決定的な
ピンチは少なくなったように思う。
デンマークの足が全体的に止まっていたのに比べて日本は最後まで
よく動けていたし、今日はボールを良く持てていたし、周りがホントに
よく見えていたと思うんだよね。

岡崎の得点はオマケみたいなもんだけど、久しぶりに点がとれて
本当に良かったと思うし、これでますます自信がつくね。

試合が終わった時、予想よりもうれしくなかった自分が居る。
たぶん、カメルーン戦に勝った時点で行けると心の底では
思ってたと思うんだよね。

ちなみに自分はベスト4まで行けるとしたら、対戦相手はどうなるか?
ってところまで随分前から計算してた。
可能性が高いのは、パラグアイorイタリアとポルトガルだと計算してた。
自分はどのチームも日本とは相性がいいと思ってるので行けても
おかしくないと言うのが自分の感想。

もちろん、簡単ではないけど、ブラジルやアルゼンチンなんかと
あたるよりはずっとずっとましなのですよ。

もう少しだけ夢を見せておくれよ。

岡田監督が目標ベスト4を掲げた時、誰もが馬鹿げてると言ったけど
フランス大会の時、岡田監督の目標を覚えてる人はいるだろうか?
「1勝1敗1分」ですよ。
この時、マスコミ、評論家がなんと言って批判したか覚えてますかね?

名前はあえて挙げないが、「日本の予選突破の確率は0%だ」と断言した
某サッカー解説者や「日本は未来の為に負けるべき」などと堂々と書き綴る
スポーツライター、「0勝3敗」なんて本を書いてるアホ等々・・・

近頃は評論家やスポーツライター等はブログで記事を書いてる事も多い。
とにかくこれ等の記事は本当に酷かった。
日本国民一体となって今は掌を返したお祭り騒ぎだけど、コイツ等は
謝罪の記事の一つでもあげないのだろうか?
TVに堂々と出てるヤツもいるけど、言ってる事ちがくね?

しろーとですら、2chで”すみません”と謝ってるw現状を見て
いったい何を思っているのでしょう?

少なくとも自分は、コンサドーレ札幌の監督をしていただいた事もあり
岡田監督がどんな人物なのか本当の良く知っている。
J2の監督として、地獄と天国を味わっている。
他に劣る選手を抱えながら、その少ない戦力に合わせて戦術を考える
のが本当に上手かったし、結果がでなければ、本当にあっさりと
自分のやり方が間違っていたと認める人だった。
そして、選手たちからは、「熱い人」だとみんなに言われていて
気性の荒い外国人選手からも信頼を勝ち取り、本当にチームを一つの
家族のようにまとめあげてくれた人だった。

だからこそ結果がでなくても、自分は監督の戦術が悪いからだとは
思えなかった、ただ単純にまだ日本の力はそんなもんだと思ったし
ちょっと運がなかったなと思った。
2chのスレには実はイングランド戦、コートジボワール戦の負けは
計算だったのでは?なんて書き込みもあった。
たしかに、2戦で4失点・・自殺点がそのうち3点・・・・まさかな・・・

次はパラグアイ。
グループリーグと違ってノックアウト方式だから、戦術は当然変わってくる。
そして、今大会の南米は半端なくつおい。
延長PK戦まで考えて戦わなくてはいけないし、負けたら終了という
プレッシャーが重くのしかかる事になる。

パラグアイにしぶとく1-0で勝って、できればその次は、ポルトガルと
壮絶な点の取り合いをでも演じてほしいと妄想する自分がいる。
(σI)甘いのはわかってる、それでも彼らを信じて応援したいのだ。

自分にできる事はただただ、応援してあげる事しかできないから。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/1351-fdf0d02c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。