DripLanguage
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エコについて。
さて、少し前に電化はエコか?って事で珍しく真面目に
記事を書いたわけだけどもうちっと補足しておこうか。

エコとは、どーしても資本主義の敵になりえるモノである。
それでも地球環境が!ーってなったときはやはり取り組まざるえない。
しかも100年に一度の大不況。
きっかけとしてはこれ以上ないタイミングで色々と政策を打ち出せたわけ。

環境に優しいとされる、エネルギーや物質を使うのは大事だろう。
でも、最終的には物事をトータルで考える必要がある。


たとえば、今進めているエコポイント。
エコな製品を買うともれなくついてきて色んなモノに交換できる。
はたしてコレがエコな取り組みか?と聞かれたのNOである。

たしかに、エコな製品を使う事はエコである。
ただ、エコな製品を作るのにもやっぱり大量のエネルギーを使い
環境を破壊し、エコじゃない製品を作るのにだって大量にエネルギーを
使ったはずだし、廃棄だってしなくちゃいけないわけ。

もし、本当にエコを推進するならば、良きモノを長く使い続ける事こそ
エコであり、それはつまり今あるモノを使い続ける事なのだ。
ポイントやら税制を優遇して、エコな製品に買換えさせることは
間違ってもエコになりえないのね。

でもねー、これをやると結局企業は困るわけ。
しかも、大不況、モノが売れない・・・そこでモノが売れるように考えた
のが、「エコ」を言う名のマヤカシで誤魔化した製品だったのねー。

間違っても今売られている製品がエコじゃない!と言っているのではない。
今、売られている製品は従来品に比べればずっとエコで便利な製品だろう。
でも、エコエコ言って今使える製品を廃棄する事は間違ってもエコでは
ないと言うことなんだね。

エコと言い張って、新しい製品を売る。
その為にエコポイントや減税を盛り込む。
これは「エコ」ではなくて、ただの「エゴ」だよね。
環境やエコの為なんかじゃない、ただの企業利益の為の政策だ。
エコポイントだって、エコの為なら、単純にその分を減額すればいいのに
ポイントにしてまた他の製品を買わせる。
ただの景気刺激政策でしかないもんね。

これらの措置を恒久的に設け、期間限定にしないならば
十分に支持できる内容なんだけどね。
エコを推進する製品開発や商品にポイントや補助、減税をつける。
これはこれからもやっていく必要がある。


そーいえば、高速道路1000円なんて制度もあったね。
なんで、エコを推進するなら、公共交通機関に割引をつけないんだ?
わざわざ、車を走らせる政策にして排気ガス増やしてエコになるか?
誰でも平等に利用できる公共交通機関こそ割引にすべきだったね。

ま、これは旧道路公団が根っこにある問題だろうから
エコでもなんでもない、身内に対するばらまきだったかねー。

ただ、どの政策も消費者にとっては得をするものが多く、批判が出にくい
内容になってるから質が悪いわけなんだよね。


かなり簡単に、1つの側面から見て書いたけど、この問題は
いろんな方向から見る必要があるモノである事はたしか。
まったく反対側から見ると、そこにはまた別の表情が・・・・・・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
だよ~ん

テレビもまだ使えるはずなのになぁ
(・ω・`lll)
2009/07/04(土) 05:51:17 | URL | ナンチャッテ #-[ 編集]
●ナンチャッテさん
(・ω・`)ネー
と言っても、モノが売れない政策は出しづらいしね。

とりあえず、違う意味でエコエコ言うのは
やめて欲しいね。
2009/07/06(月) 11:30:03 | URL | ■蘭丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://driplanguage.blog42.fc2.com/tb.php/1231-83629bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。